J.A 事業統括部 2020年入社

高い成長角度を描くために、大変だぞと。
むしろ望むところだった。

 大学を出て証券会社に入った後、通信系企業に勤めていましたが、もっともっと成長できる環境を求めてコムテックの門を叩きました。通信系企業では人材採用の仕事を任され、最初はやりがいがあったのですが、徐々に仕事がルーチン化していき、自分がレベルアップしていないなと感じるようになりました。それで勢いがあって伸びているというイメージのあったコムテックの面接を受けたのですが、そこで言われたのは「コムテックは伸びているけど、組織や管理がそれに追いついていない。だからやりがいはあるかもしれないけど大変だぞ。ハードな仕事だぞ。」ということでした。「いや、むしろ望むところだ。チャンスだ、チャレンジを望む自分にとっては最高の環境だ」というのがその時の私の率直な反応でした。入社してみたら、確かに組織が会社の成長に追いついていませんでした。
 

広がった管理の仕事。
日々、成長している実感がある

 入社 1年目は人事総務の仕事をやり、 2年目以降は管理部のいろいろな仕事を任されるようになりました。取締役会の事務局の仕事、 IR関係、人材育成の仕事などですが、とくに取締役会の事務局の仕事では議事録がスムーズに作成できるようになり、経営に関する情報に接するようになったことで役員の方とも話ができ、コムテックが抱えている課題や見通しなどについても知ることができました。以前の会社にいた時と比べものにならないくらい、経営や管理に関して幅広く、深い仕事ができるようになったのです。入社動機の一つであったチャレンジングな仕事を任され、着実に成長できているなと実感しています。これからは決算書などに出てくる数字やデータにどれだけ強くなっていけるかが自分なりの課題だと思っています。
 

 

個人商店から
会社にしていくことが自分なりのミッション。

 コムテックをさらに成長させていくためにはまず、ドライブレコーダー以外の事業をどう確立していくかということがありますが、若手社員をどう確保し、育てていくかに取り組んでいくことも求められています。もちろん社員一人ひとりの能力をどう高めていくかも大切。ある意味、コムテックはいま転換期にさしかかっていると言えると思うのです。その中で私が目指すべきは、個人商店的だったコムテックをいかに会社にしていくか、つまりしっかりした組織と管理体制を備えた会社にしていくかということです。自分の仕事に誇りを持っている前向きな社員が多いという強みを活かしながら、コムテックを新たな成長軌道に乗せるために会社の基盤を整備していくことが自分に与えられたミッションだと考えています。そして、それが「社会からの要望に応え続けるオンリーワン企業」というコムテックのミッションにつながると確信しています。
 

 

Interview List

先輩の声

 

INTERVIEW

未開拓の建機分野向け製品開発でコムテックの未来を変えていく。


D.S 開発部 ソフト設計室
2018年入社
[開発部]

 

INTERVIEW

自分を変え、コムテックを変え、 ともに新たな成長軌道に乗せていく。


J・A 事業統括部
2020年入社
[管理部]

 

INTERVIEW

個々の商品ではなく、 コムテックという会社をブランド化することで コムテックを変えていく。


A・T マーケティング部
2022年入社
[マーケティング部]